歯周病

??こんな症状ありませんか??

 そんなあなたは要注意!!

歯周病は、日本人の約80%の方がかかっているとされる身近な病気です!!
でも、末期段階にならないかぎり、自覚症状がほとんどないというのが特徴です。
末期になってからでは、歯を抜くしか方法がなくなってしまいます。
正しく歯周病を予防し、自分の大事な歯を抜かなくてすむようにがんばりましょう!!

歯周病ってどんな病気??

歯周病とは、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という骨が溶けてしまう病気です。
最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なので、早期発見、早期治療が基本となります。

以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも言われていましたが、
歯周組織から膿が出る歯槽膿漏も歯周病の一環ととらえられ、現在では歯槽膿漏も歯周病と呼ばれています。

歯周病は一般的に、プラークと呼ばれる歯垢が原因となって発生します。
歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊するのです。
そのほかにもさまざまな原因があり、それらの総称として歯周病という病名が用いられています。
また、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が歯周病を引き起こしたり悪化させる原因にもなっています。健康にも大きく影響を及ぼす歯周病なので、より一層の注意が必要です。

歯周病の原因って??

この5つが主な原因!!
どんなものがあるのかな??クリックして確認してみましょう!!

 

治療の流れ

現状の進行具合の検査をする ご家庭での清掃方法を理解してもらう 歯周病菌をできる限り取り除く 定期的な管理 再度入念に菌を取り除く 再び検査をして症状の判定をする

ここまでで約2週間、7回程度かかります。(全て保険診療です)

歯周病にならないために・・・

 ご家庭でできること
自分に合った正しいブラッシング方法を見つけましょう。
規則正しい食習慣を身に付け、生活習慣を改善していきましょう。
 歯科医院でできること
歯周病は痛みや出血など、自覚症状がでてからでは治療に時間と費用がかかります。
定期的な検診を受け、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

きれいで清潔な歯を保つためにこころがけましょう!!

医院紹介保険診療についてお問い合わせアクセス予防プログラム小児歯科歯周病インプラントホワイトニング